代表メッセージ

自分探ししてみませんか

自分探しをしてみませんか?

ヨーガの体操をして、健康になりスラリとしたスタイルを得ることができます。
しかし、それはヨーガの効果のほんの一部でしかありません。
ヨーガとは、もともと「瞑想」を意味する言葉でした。

古代のインドの聖者は、ひがんだり変に競争意識をもったり、他人の目を気にしたりする自分をニセモノの自分と考えました。そして、本当の自分を探し出す訓練をしました。それがヨーガであり瞑想という訓練でした。

本当の自分は、普段の自分の生活でも、ときどき垣間見ることができます。自己主張を強くした後、あんなことを言うんじゃなかったと後悔したことはないですか。
悪口を言ったとき、言わない方がよいと自らに思ったことはありませんか。お金をけちったとき、嫌な自分だなあと思ったことはありませんか。心の中でいつも自分の心を見守っている自分がいます。ただ見守ってだけいる自分、それが本当の自分です。

心のチャンネルを本当の自分に合わせて、人生を実りあるものに

瞑想をするというのは本当の自分だけになる訓練です。
深い意識の自分に近づく度合いに応じて幸福感がハッキリとしてきます。幸福感から現実を見てみると、普段の自分の都合から見ていた現実とは全く異なるかもしれません。
瞑想ができるようになると、本当の自分が知恵を与えてくれます。
他人が自分に知恵を与えてくれるのであれば、瞑想という訓練は必要ないことになります。本当の先生は、自分自身です。

瞑想ができるようになるということは、普段の自分を忘れるだけのことですが、考えたり思ったりする生活をしている現代人にとって、考えたり思ったりということを停止するということは至難のワザといえます。

ヨーガの体操(アーサナ)をするということは、健康のためでもあり美容を得たりするためでもありますが、同時に瞑想ができるようになるための基礎作りをしている訳でもあります。

ハタ・ヨーガの体操のリラックスの中で、ふんだんに瞑想ができるようになると深い瞑想の基礎が揺るぎないものとなっています。

インドでは、古来より本当の自分は、内なる神であり天なる神そのものとされています。
ヨーガの実習で、心のチャンネルを本当の自分に合わせて、人生を実りあるものにしてください。

gree_daihyo
主宰 下野 博明